スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陶芸

2009.06.08 23:53|京都整体日記
20090608235321



家は徐々に半分工房、半分住居のようになってきた。

家人の作る作品群がふえてきて、初窯を待っている。


また、今度ゆっくりできる休日には、おしえてもらって、手びねりで、

ぐい飲みと、レンゲをつくろう。

楽しみが増えたなあ。










スポンサーサイト

Comment

家が工房、庭が畑 ・・・ 理想ですぅ。

96nekoさんへ

こんにちは。
畑も工房も家人のなのです。
僕はブルーベリーを育てたり、陶芸を教えてもらう(予定)だけなので。
あと、もっと広かったらいいのですが、庭も家屋もちょろっと狭いのが難点です。
宝くじ買わないといけないですねー。

あ!宝くじ!今日抽選じゃないですか~。
石物の生地はほんと美しいです。
素焼きの肌なんて最高!

AKさんへ

宝くじ、買うのわすれてました・・・。

磁器とかって完成されてない美しさも捨てがたいですね。
建築もたってしまうより、作ってるときの方が力強くて美しいですがそんな感じなんですね。焼きあがるの楽しみです。

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。