スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレス性腰痛 その1

2009.06.16 17:07|京都整体日記

東京から、坐骨神経痛の患者さん来院。


どこにいってもまったく改善しないということで、当院にこられた。
膝痛で遠方からこられる方は多いけど、腰痛でこられるのは珍しい。

座ると非常にきつい痛みがでるらしく、新幹線の中でもほとんどたっていたという。


今回は一泊二日の予定。


これだけ強烈な痛みと、どこにいっても原因すらわからなかったということだったので、
心因の可能性を考えつつ、慎重に問診。


ご本人は、むしろ明るいぐらいで、屈託がない。
ストレスはたまらないほうだという。


心因の可能性を感じているので、全身の反応をみながら、施術。


20分程度かけて筋肉、動作などをみていくが特に問題はない。


施術しながら、いろいろとお話をきいていくと、本人はストレスをうけにくいつもりでも、

ずいぶん我慢している部分がおおいらしい。



体には、こちらで見る限り、問題はないこと、原因はおそらく心因だとお伝えして、


ストレス解除法の施術の提案。



「原因には思い当たりませんが、それでよくなるんならお願いします」


といわれ、施術を再開。













スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。