スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オスグット病とシューズ。

2009.07.13 17:18|京都整体日記

今回4回目の施療となる、大津市のAさん。


あるオスグット専門の治療院で治療をうけたが、2回で治るといわれしばらく通ったが、

結局10回以上通ってもあまり変化がなかったという。


両足のオスグット。歩くと多少の痛み。ジャンプ、屈伸は痛みがあってできない。

片方は一回目で痛みはなくなったが、反対側がなかなか引かない。



考えに考えたが、理由がさっぱりわからない。



何かの時に、付き添いのお母さんが、

”すぐに大きくなるから、服でも靴でも大きい目をかう”となにげなくおっしゃった。



あ、なるほど!



両側の足指をみてみると、間違いなさそうだ。


靴の大きさが問題だったらしい。



そういう負担なら、ゆるめるところは、ここしかない。




丁寧にゆるめ、緩んだところで、屈伸、ジャンプをしてみたら、きれいに痛みが取れていた。


・・・・ああ、よかった。



施術で深みに嵌ると視野がせまくなりがちだけど、しっかり余裕もって周りの環境も含めて冷静にみていかないといけないな。






















スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。