スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難治性のオスグット病  その3

2010.01.17 15:11|京都整体日記

初回で、90度ぐらいまで曲がったのはよかったが、それからが変化しなかった。


2回目は目に見えた変化はなし。


ストレス性の痛みも疑ったが、話した感じ、そういう系統の痛みでもなさそうだ。


普段の運動の練習メニューを聞きなおし、また仮説をたて、それをためす。



何度目かのときに、思わぬところに痛みの原因を発見した。


屈伸したところ、完全に曲がりきったときに痛いが、かなり改善したという。


歩いてもらったが普通の歩行ができていた。



あと一歩!











スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。