スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難治性のオスグッド病 その2

2010.07.08 11:05|京都整体日記

2回目、痛みは初回来る前の状態にもどっていた。


何をしても痛いという。いや、何もしてなくても痛いという。



「他にいたいとこは?」ときくと、

「腰が少し・・・」 という答え。



痛みの反応をみるために、腰の施術にきりかえる。

おどろいたことに、腰の痛みも一切ひかない。



なるほど・・・。



そういうことか。



パターン1の施術を出来るだけ丁寧に施術して、2回目も終了。




帰りぎわ、半年ほど前につくった、”対難治性オスグッド用のセルフケア冊子をおわたしする”


おそらく、これが効くはずだ。








スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。