スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難治性のオスグット病 その3

2010.07.08 11:11|京都整体日記

一週間後に来院。


待合室にはいってきたとたん、もう足をひきずっていなかった!



やっぱり効いたか!



痛みの変化をきくと、半分以下になったという。


おそらくあと一週間で痛みは完全になくなると思われる。


正直、この場合は手技では痛みはとれないので、会話に重点をおく。



一週間後、


完全に痛みは消失。



運動を再開。


しかし、本当に今回は手こずった。

完全に運動制限をした状態で、ここまで治りづらいオスグッドははじめてだった。

患者さんが、非常にハキハキした女の子だったので救われたが、

コミュニケーションがとりづらいタイプの人だとおそらく、症状の改善はなかったと思う。



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。