FC2ブログ

プレッシャーと痛み。

2010.12.08 15:06|オスグッド病(成長痛)

オスグット病で2週間前からご来院のSくん。


今回で施術は3回目。

ラスト一回で卒業というところ。

今日は、何をしても痛みはなく、患部を強く押すと痛みが少し出る程度。

再発防止のためにあと来週一回やる予定。


当初、痛みは強かったが回復しやすいのは、お父さんの力も大きいと思う。


オスグットは、肉体的な問題だけでなく、心理的なプレッシャーや抑圧などから、より強い緊張が起こり、難治化してしまう。


親の過度な期待や、プレッシャーなどが原因になることが多い。


Sくんのお父さんは、そのあたりのコントロールが非常にうまい。


うまく、子供さんにハッパをかけ、期待していないように見せかけ、プレシャーもあまりかけない。

子供さんが自発的にやる気になるようにもっていく。


怪我したときは、きちんと休ませ、しっかりと休養をとらせる。


プレッシャーで、円家脱毛症になっているオスグットの少年たちをたくさん見てきたので、

このような距離感をとっておられるのは、みていてとても気持ちがいい。








スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

| 2019.10 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ