スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杖がいらなくなった。

2010.12.12 15:51|オスグッド病(成長痛)

もともと機織の仕事をされていた、60代の女性Mさん。


ある日、歩いているときにバキッと乾いた音が鳴って、足に激痛。

病院では、半月板損傷と診断された。


筋肉をつけるようにアドバイスされ、筋トレをおこなうとさらに悪化。

手術をすすめられるが、同じ症状の友人が手術後の経過があまりよくなく、

痛みもとれていないため、なるべく手術したくないということでご来院。


痛みは一番痛いときに比べると少しマシになっているとのことだったが、杖が手放せない。


体をみてみると、上半身の緊張が異常に強い。


検査してみると、痛みの大半は上半身からきているようだった。


上半身をさわりながら、患部の反応をみていく。



顎関節の調整後、たっていただくと痛みは半分ぐらいに。


「ええ!顎とつながってるんですか?」と驚いておられる。



それ以外はストレスの反応のため、ストレスを解除。



これで痛みは、ほぼなくなる。



おそらく、あと、1,2回は必要だと思われるが、

久しぶりに杖を手放して歩けることにとても喜んでいただけた。






スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。