スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外な原因

2011.01.13 12:49|オスグッド病(成長痛)

バレエをされてる中学一年の女の子、Aさん。



一年ほどまえ、腰痛をうったえて紹介でこられたが、今回、オスグットの痛みがでてきたため久しぶりに来院。



右の膝下がぷっくりと出て、屈伸で痛むという典型的な症状。



問診で、トレーニングの仕方や普段の動作などきき、施術開始。



体を診て行くが、あまり原因になるところが見当たらない。



いったん全体を緩め、たってもらって痛みを確認するが、



「やっぱり痛いです。あまりかわりません」とのこと。



ストレス性かとも疑ってみたが、そのような反応はない。



20分ほどでおわるかなと漠然と考えてたのだが、



40分ほどかかり、ようやく原因部分を発見。



非常に珍しい部分に筋肉のコウケツがあり、これを緩めると、

痛みが劇的になくなった。



痛みが10から0という感じに。





それにしても、今回の反応は珍しい。

以前の腰痛も珍しい反応で、勉強になったが今回もとてもよい経験になった。



たまに女子にはとれにくく、なおかつストレスでもない症状があるが、これでそれらの症状を改善させることができるかもしれない。



Aさんに教えていただいたようなもの。



ありがとうございます。



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。