FC2ブログ

クロックス

2016.07.02 11:07|足底筋膜炎


先日の捻挫で、
歩くと痛いので
クロックスのユーコンを履いて通勤。

普通の靴だとかなり痛みますが
これなら楽。

足底筋膜炎の方なども、
変にアーチサポートしてる靴より、
クロックスがおすすめです。



タグ:足底筋膜炎、インソール

足底筋膜炎と自律神経失調症

2016.04.18 18:05|足底筋膜炎
台湾からの留学生Cさん。

「2年ぐらい前から足底筋膜炎になって、自律神経失調症にもなって漢方で治しました」
「自律神経はましになったけど、足底の痛みは全然治らないんです」

日本語ばっちりなのでよかった・・

問診のあと、施術を展開していきます。

・右仙腸関節
・下腹部の冷え
・ストレス
・右足首

レイヤーを解除しながら、上記の要因を施術して確認。

「あ、痛いのが50パーセントぐらいに減りました・・」

同様に緊張解除で再度確認。

「あれ、もう痛くない!」

念のため、カカトを押してもらって確認。

「ちょっと痛いです」

緊張層をみていきますが、もうあまり残ってない状態なので、
再度問診。

普段足底サポートのインソールをされてるとのことだったので、その影響を解除。
押してみて確認。

「ないです!、100%取れました!」

2回目、一週間後。

「あのあと調子いいです。まだ30パーセントぐらい残るかな・・・」
「あと、今日は目が凄く疲れてます・・」

目の状態を診てみるとほぼストレスのみの反応。

ストレス系の緊張、
歩行での防御反応
右仙腸関節のずれを解除。

「あ、もう大丈夫。全然大丈夫になりました!」


これで大丈夫だと思います。
台湾ではあまり入浴の習慣がないらしいので、
しっかりお風呂につかることをお伝えして終了。


足裏に小石がつまってるような違和感。

2016.03.31 13:56|足底筋膜炎
三重県からご来院のMさん。
60代、女性。

「2,3年まえから、歩くと足裏に砂利を踏んでるような違和感があって、
鍼とかいろいろやったんですけど、治らなかったんです」

「今年に入ってからそれがひどくなって、まえより砂利というよりビー玉がはいってるような感じがして、
うまく地面をつかめない感じになってきました」

たまに足底筋膜炎や坐骨神経痛と診断されて、
この足裏の小石を踏んでるような感覚がある方がこられますが、
痛みに比べると治りが遅い印象があります。

問診のあと、施術を展開していきます。

・冷えからくる下腹部の緊張
・右股関節
・仙骨
・帝王切開の手術痕
・全身のバランス

これらを含む緊張層を順序良く解除して確認。

「ちょっと、ビー玉みたいなのが小さくなってきました」
「歩くのがさっきまで雲の上を歩いてるみたいだったんですけど、
安定してきました・・」

同様の解除をして再確認

「砂粒みたいな感触になって、その厚みがうすくなってきました」

手術痕に絡む複雑な緊張層を解除。

「さっきよりまた薄くなってきました」
「砂粒というより、足裏にゴムの板が張り付いてるような感じになってきました」


初回は時間切れで終了。

2回目、一週間後。

「じゃりじゃりする感じはありますけど、前よりずっと楽です」

前回もかなり緊張を解除しましたが、
まだまだ大量の蓄積層があります。

古い緊張層を解除すると、下からまた緊張が湧き出てくる感じです。
これらを解除して確認。

「あっ、いいかも?靴下をもう一枚履いてるようなかんじになってきました」

下腹部のストレス系の緊張を解除して再確認。

「はい。あるのはありますけど、もうそんなにきつくないです」


この違和感を完全にとりさるのは、簡単ではなさそうですが、
あとは、月一のメンテナンスで徐々にとっていけば問題なさそうです。






次から次。

2016.02.22 13:32|足底筋膜炎

ひどい足裏の痛みでお悩みの三重県からのDさん。

工場勤務をされてますが、
足裏の激痛のため、一週間ほどまえから休職されてるそうです。

工場だと地面も固いし、寒いしで辛そうですね。

問診のあと、
お体の状態を診ていきます。

緊張層が非常に膨大な量ですが、
あまり気にせず、上からサクサクと取っていきます。
一旦落ち着いたところで確認。

「あれ?足全体が痛かったのに、カカトだけになりました!」
「先生、こんなすぐに変わるんですね・・・」

はじめての方は、おどろかれますけど、
無理に患部を揉んだりしてなければ効果はわりとすぐに出てきます。

緊張層を片っ端からとっていると、

「痛っ!!!いたた・・・」
「先生、お尻がめっちゃ痛いです。なんです?これ?」

「お尻の痛み、今までなかったですか?」

「ああ、そういえば、一年ぐらい前に階段から落ちて尻餅をついたときと同じ痛みですわ」

浮上してきた緊張層をとっていくと、

「ああ、なんか楽になってきた・・・あ、消えた」

緊張層の消失と同時に痛みも消えました。

まだ、出てきます。
だいぶため込んでたんですね。

「うわ!今度は右肩が痛い!いたた・・・」
「昔、事故したあとのムチウチの痛みですわこれ・・」

なんかどんどんでてきますね。
古い緊張層の防御反応をとって確認。

「うわ。すごい。さっきの肩の痛みもない!」

蓄積が多いんで、足裏の痛みは安定するのに、あと2回ぐらいはかかりそうですね。

一回目はここまでで終了。

身体の不具合は、解決していなくても、
さらなる緊張が蓄積すると感じなくなって体の奥底に残っていることがよくあります。

施術がちゃんとできていると、
時間を巻き戻すように、昔の痛みが一時的に顕在化することがありますが、
これらをとっていくことで、
痛める前の体の状態にもどっていきます。

それにしても、初回でこれだけでてくるとご本人もびっくりするでしょうね。








立ち仕事と足の痛み。

2016.02.08 16:36|足底筋膜炎

姫路からご来院のTさん。

一年ほどまえから、仕事中に踵が痛くなり、
昨年秋ごろから悪化。
今は、仕事をはじめて、昼ごろになると立っていられないぐらいの痛みになる。

お仕事は、魚屋さんで早朝から外での作業が多いそうです。

他には慢性的な腰痛があります。

一日中立ち仕事+屋外の作業ということで、回復には条件があまりよくないですね。


「いや、もうなんとかしてもらわんと、仕事ができんようになりそうですわ」

問診のあと、お体の状態を診ていきます。

・ストレス系の緊張層
・左股関節の不具合
・尾骨
・右足首
・消化器系の内臓

このあたりからの影響が強いようです。
これらを、順序よく解除していきます。

初回の確認

「あれ?なんかちょっと軽くなった気がする・・でもまだ痛いです」

二回目

「ん?左はなんともないですね。右はさっきより痛い部分が狭くなってます」

何度か確認を修正を繰り返して、最終

「ああ、なんかちょっとだけ痒いような感じがありますけど、今は痛ないですね」


初回は一旦これで終了。


二回目、一週間後。

「あきませんわ。やっぱり痛いです。ひるすぎると立ってられないです」

「腰はどうですか?」

「え?腰?そういやなんともないですね・・」


もともとあった腰痛は大丈夫そうです。

2回目も前回と同様に痛みがゼロになるまで確認を繰り返して終了。

前回よりも工数も少なく、変化も早いです。


3回目、10日後。

「なんか、ましになってきましたわ。痛みはまだあるけど、
日によって全然痛くない日もでてきました」

「でもやっぱり朝起きたときは痛いですね」

回復力がだんだんでてきたようです。

前回同様の施術で、
痛みがゼロになるのを確認して終了。

4回目、1週間後。

「なんかね!大丈夫そうな気がする!まだ夕方は痛いときはあるけど、
朝はもう全然ないですわ!」

今回は、短時間で終了。


これで、もう大丈夫だと思います。




| 2019.10 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ